差し押さえ通知が届いたら!絶対にすべきこと

差し押さえは、借金を一定期間(3ヶ月以上)滞納してしまった場合、裁判所が強制的に財産を取り立てる手続きになります。

差し押さえの流れ
  1. 債権者より「差し押さえ予告通知」が届く
  2. 2週間~1ヶ月後に裁判所から「支払督促」が届く
  3. 約2週間後、裁判所が差し押さえを実行する(強制)

差し押さえが決定すると、優先的に差し押さえられるものがあります。

  • 給与
  • 預金口座
  • 財産(家や車)

差し押さえの対象から外れるものは、現金(66万以下)、生活用品などがあるので、完全に全てを失うわけではありません。

ただし給与は真っ先に差し押さえされ、会社にも借金がバレるので注意してください。

差し押さえの通知が届いたら、やるべき一つのこと

差し押さえを予告する通知が届いたら、ほとんど残された時間はありません

差し押さえ通知が届いた段階で金融業者に交渉したり、裁判所に異議を申し立てたりすることは可能ですが、効果はほとんどありません。

差し押さえ通知が届いたら、唯一できることは国が認めている借金減額の救済措置を検討することです。

救済措置を利用すれば、法律の専門家である弁護士や司法書士が、今ある借金を免除できるかを判断してくれます。

まずはこちらの「減額診断ツール」で、どの程度あなたの借金を減額できるかを調べて、それから専門家に相談してみてください。

匿名&完全無料でできるので、誰かにバレる心配も無理な勧誘もありません。

質問も簡単3ステップだけ!名前も苗字だけでもOKですし、住所などを入れる必要もありません。

入力したら、あとは診断結果を待つだけです。

診断は無料なので、実際にどのくらい減額できるかだけでも試さないと損をします。

借金減額診断をする【無料】⇒

借金減額できた口コミ

実際に借金減額診断をして、減額できた口コミを紹介します。

ここで紹介したのは一例で、実際にはたくさんの借金に苦しんでいた人が減額に成功しています。

法律事務所が運営しているので、怪しい勧誘や営業電話もなく安心して利用できます。

お金の問題は本当に複雑で、解決できないと一生辛い人生を送ってしまいます。

借金減額ツールの利用は無料&匿名ですし、予想以上に減額できた!という口コミも多いので、借金で悩んでいるなら今すぐ診断してください。