離婚の財産分与【家の名義変更】離婚協議書や離婚届について

離婚するとき財産分与で問題になりやすいのが家(不動産)の配分。

離婚時に家をもらう場合は、自分名義に変更しなければ後々トラブルになる可能性が高いので注意しましょう。

家を自分名義にするにはどうすれば良いのかについてわかりやすく説明します。

最初に家をどうするか話し合う

離婚で持ち家の名義を自分のものにするには、相手から家の「所有権」を譲ってもらわなければいけません。

一般的には「財産分与」として相手の合意が必要です。

財産分与とは、夫婦が婚姻中に築き上げた共有財産を、離婚時に夫婦それぞれ分け合うことを意味します。名義に関わらず不動産の財産分与も2分の1ずつするのが原則です。

相手が財産分与として家を譲ることに納得すれば、以下の流れで家の名義変更ができます。

名義変更の流れ
  1. 離婚協議書を作成する
  2. 離婚届を提出する
  3. 所有権移転登記をして家を自分名義に変える

ただし相手が簡単に納得しないこともありますし、そもそも家の価値がわからないと話し合いも進みません。

離婚で持ち家の財産分野はどうするのがベストか?

持ち家の財産分与でトラブルにならないためにも、まずは家の価値を調べることをおすすめします。

家の価値がわかれば、売却して金額を半分ずつ分けたり、ローン返済に充てることができるかの話し合いができるからです。

家の売却は、不動産会社に査定してもらうのが一番早い方法です。

ですが、まだ売却するかどうか決まっていないのに、不動産会社に査定してもらうのは気が引けますよね。

また、家の売却理由(これは必ず不動産会社に聞かれます)である、離婚を話すことに抵抗があると思います。

そんな時は、無料で簡単に家の査定ができるネットのサービスを利用するのがおすすめです。

不動産の売却で高額査定が出ると口コミで評判の査定サービスがあるので使ってみてください。

【無料】家の査定が簡単にできるサービス

家の査定額を調べるなら「イエウール」という無料査定のサービスがおすすめです。

イエウールの特徴
  • 全国1600社以上の優良な不動産会社と提携
  • 売るかは決めておらず、査定価格を見て検討したいでもOK
  • しつこい勧誘電話がない
  • 査定額が高く売るときに損をしない
  • 45秒で簡単無料査定

イエウールを利用すれば、ネットで物件情報を入力するだけで、すぐに持ち家の査定額がわかります。

物件を選択して、いくつかの質問に答えるだけ(1分もあれば終わります)。

1600以上の不動産会社が競い、最も高い査定額を調べることができます。

机上査定もしているので、とりあえず査定額だけを知りたい方や、不動産業者とのやり取りをなるべく避けたい方でも気軽に利用できます。

机上査定とは、不動産会社が物件を見に来ることなく、机上の情報から価格を算出する査定方法です。

イエウール以上に良い条件で売却できる不動産会社を探すのは難しいと断言できるほどです。

もちろん、査定したからといって絶対に売却する必要はないので、まずは気軽に持ち家の価値を調べて下さい。

イエウールの査定例

実際にイエウールの高額査定の実例を紹介します。

事例1:査定額差額 最大1,300万円

A社:4,500万
B社:5,000万
C社:3,700万

事例2:査定額差額 最大480万円

A社:1,800万円
B社:2,280万円
C社:2,000万円

事例3:査定額差額 最大900万円

A社:3,900万円
B社:3,000万円

複数業者に査定をしてもらえるので、持ち家の評価額で失敗することはありません。

査定相場を調べたいだけでも利用OKです!

イエウールなら、わざわざ不動産屋に足を運ぶ必要もなく、家からネットで簡単にできるので、まずは気軽に無料査定をしてから売却するか、住み続けるか考えてみましょう。